Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand

2024年に世界規模で流行りそうなガジェットについてAIに聞いてみた2024

2024年に世界規模で流行りそうなガジェットについて、いくつかの候補を見つけました。以下に紹介します。

・スマートウォッチ

ダブルタップ機能を持つWear OSスマートウォッチApple Watchのダブルタップと同じようなジェスチャー操作を、Wear OSを搭載したグーグルのスマートウォッチに提供するアプリが開発されました。指によるタップや長押しで、スマートウォッチやBluetooth接続したデバイスを操作できます。

スマート聴診器

BeamOというスマート聴診器:Withingsが開発したスティック型のデバイスで、心臓や肺などの音を録音して、健康状態をチェックできます。将来的にはAIによる症状解析も可能になる予定です。

ワイヤレスイヤホン

顔のジェスチャーを読み取るワイヤレスイヤホン:Naqi Logixが開発したワイヤレスイヤホンは、顔の動きから読み取れる微細な電気信号を計測して、パソコンやスマホVRヘッドセットなどを操作する信号に変換します。

・スマートヘルメット

自転車やバイクに乗るときに、安全性と快適性を高めるヘルメットです。ヘッドアップディスプレイやカメラ、音声アシスタント、GPSなどの機能を備えています。

・スマートグラス

メガネ型のウェアラブルバイスで、ARやVRの体験を提供します。スマホやPCと連携して、画面や通知を表示したり、音声やジェスチャーで操作したりできます。

・スマートリング

指輪型のウェアラブルバイスで、心拍数や睡眠などの健康データを測定したり、スマホやPCと連携して、通話や音楽再生などの操作をしたりできます。

 

・スマートミラー

鏡にディスプレイやカメラ、センサーなどを組み込んだデバイスで、美容や健康、ファッションなどのアドバイスを提供します。AIや音声アシスタントとも連携できます。

・スマートピル

飲み込むことができる小型のデバイスで、体内の状態をモニタリングしたり、薬物を投与したりできます。病気の診断や治療に役立ちます。

・スマートスーツケース

自動で追従したり、顔認証や指紋認証でロックしたりできるスーツケースです。GPSや重量センサーなども搭載しています。

・スマートトイレ

便座や便器にセンサーやカメラなどを搭載したトイレで、尿や便の分析や体重や血圧などの測定を行い、健康状態をチェックできます。AIや音声アシスタントとも連携できます。

・スマートベッド

マットレスや枕にセンサーやヒーターなどを搭載したベッドで、睡眠の質や体温などを測定したり、快適な寝姿勢や温度に調整したりできます。AIや音声アシスタントとも連携できます。

・スマートペット

ロボットやAIで作られたペットで、本物の動物と同じように動いたり、感情を表現したりできます。飼い主とのコミュニケーションやストレス解消に役立ちます。

・スマートシューズ

靴にセンサーやモーターなどを搭載したシューズで、歩数や消費カロリーなどを測定したり、自動で締めたり緩めたりできます。運動や健康に役立ちます。

・折りたたみ型スマートフォン**:

より柔軟でコンパクトなデザインを持つ折りたたみ型スマートフォンが進化し、ユーザーに新しいモバイルエクスペリエンスを提供するでしょう。

・拡張現実(AR)ヘッドセット**:

AR技術が進化し、仮想現実をリアルワールドに統合するヘッドセットが注目を浴びそうです。

・健康モニタリングデバイス**:

ユーザーの健康をリアルタイムでモニタリングするためのスマートウェアやウェアラブルバイスが進化するでしょう。

・ 環境に優しいテクノロジー**:

持続可能性を重視したガジェットが増加し、再利用可能な素材や省エネルギーなデバイスが注目を集めるでしょう。

・自動運転技術搭載の車載デバイス**:

車載のテクノロジーが進化し、自動運転車やスマートカーコネクティビティが一般的になるでしょう。

・ホログラフィックディスプレイ**:

ホログラフィック技術を活用したディスプレイが普及し、臨場感ある視覚体験を提供するデバイスが増えるでしょう。

・5G対応のIoTデバイス**:

5Gネットワークの普及に伴い、高速で安定した通信を可能にするIoTデバイスが増加します。

・AI搭載のスマートホームバイス**:

人工知能(AI)が家庭内での生活をより便利にサポートするスマートホームバイスが進化します。

・可積極型ロボット**:

家庭や仕事場での効果的なサポートを目的とした、柔軟で使いやすいロボットが登場するでしょう。

サステナビリティに焦点を当てた電子機器**:

環境にやさしい素材やリサイクル可能なデザインを重視した電子機器が増えるでしょう。

 

これらは予測であり、実際に市場でどのように受け入れられるかは将来の動向に依存します。テクノロジーの進化や新しいイノベーションが期待される分野です。

 

これらのガジェットは、新しいインタラクションや便利な機能を提供することで、2024年に注目されそうです。

 

以上

参考になれば幸いです!