Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

恐怖を打ち破る:メル・ロビンズの思考のトリックで言い訳と不安を乗り越える



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

皆さん、こんにちは!今日はモチベーションスピーカーであり作家のメル・ロビンズが提唱する、言い訳、恐れ、不安を克服するための革新的な思考のトリックについて探ります。彼女のアプローチは、シンプルだが強力で、多くの人々が日常生活で直面する心理的障壁を打ち破る手助けをしています。では、どのようにしてこの方法が機能するのか、具体的なステップと共に見ていきましょう。

メル・ロビンズとは?

メル・ロビンズは、自己啓発の分野で世界的に有名な著者であり、スピーカーです。彼女の最も有名な貢献は、「5秒ルール」というコンセプトで、これは意志力や自己効力感を高め、行動を促進するための実践的な方法として広く受け入れられています。今日は彼女の方法をさらに深堀りし、具体的にどのように心理的障壁を乗り越えるかを学びます。

言い訳と恐怖の心理学

言い訳、恐怖、不安はすべて自己防衛メカニズムの一部であり、未知のものや不確実性に直面したときに現れます。これらの感情は行動を抑制し、個人の成長や目標達成を妨げることがあります。メル・ロビンズの方法は、これらの感情を理解し、それらに立ち向かうための具体的なテクニックを提供します。

メル・ロビンズの思考のトリック

  1. 「5秒ルール」の活用:

    • このシンプルなルールは、思考から行動への移行を促します。何か行動を起こそうと思ったら、5-4-3-2-1とカウントダウンし、直ちに行動に移ります。この方法は、脳が恐怖や不安による言い訳で行動を阻止する前に、先手を打つのに役立ちます。
  2. 視覚化:

    • 目標を達成したときの成功体験を心に描きます。これにより、モチベーションが高まり、行動に移る際の精神的な障壁が低くなります。
  3. アンカーの設定:

    • 特定の言葉や動作をアンカー(錨)として設定し、それを行動のトリガーとします。例えば、「勇気」と自分に言い聞かせることで、自信を持って行動に移すことができます。
  4. 小さな目標の設定:

    • 大きな目標を小さなステップに分解し、それぞれの小さな成功を積み重ねることで、自信を育て、恐怖や不安を徐々に減らしていきます。

このアプローチの効果

メル・ロビンズの方法は、特に決断を迅速に行い、行動の遅延を防ぐために非常に効果的です。多くの人がこのテクニックを用いることで、日常生活でのプロダクティビティの向上、目標達成の加速、さらにはメンタルヘルスの改善を実感しています。

結論と追加リソース

恐怖や言い訳は誰にでも現れる自然な反応ですが、それに振り回されることなく自分の人生の主導権を握る方法があります。メル・ロビンスの思考のトリックを試し、新たな可能性にチャレンジしてみてください。さらに学びを深めたい方は、→ メル・ロビンズの書籍をチェックすることをお勧めします。 以上、 参考になれば幸いです。 ありがとうございました。