Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

「13日の金曜日」が不吉とされる本当の理由!



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

13日の金曜日」は多くの文化で不吉な日とされていますが、その起源と本当の理由について詳しく掘り下げてみましょう。この日にまつわる迷信と歴史的背景を知ることで、なぜ多くの人々がこの日を恐れるのかが明らかになります。

歴史的背景と起源

  1. 聖書の関連性:

    • 13日の金曜日」の恐怖は、キリストが十字架につけられた日が金曜日であったことと、最後の晩餐に13人が出席していたという事実に部分的に由来しています。この組み合わせが不運の象徴とされています。
  2. 騎士団の逮捕:

迷信の文化的影響

  • ビジネスへの影響:

    • 多くのビルが13階を飛ばすなど、ビジネスの世界でもこの迷信は影響を与えています。多くのホテルやオフィスビルでは、13階を表示しないことが一般的です。
  • メディアとエンターテイメント:

現代社会における認識と対策

  • 科学的観点:

    • 科学的には「13日の金曜日」が他の日より不吉である根拠はありません。研究によっても、この日に事故が増えるという統計的な証拠は見つかっていません。
  • 心理的アプローチ:

    • この日への恐怖を乗り越えるためには、迷信を理解し、合理的な思考を持つことが助けになります。心理学者は、迷信が心の中でどのように作用するかを解説しており、それを理解することで恐怖を克服できます。

結論

13日の金曜日」は興味深い歴史と文化的背景を持つ日ですが、その恐れは主に迷信と歴史的事件に基づいています。この日に関する知識を深めることで、不安を感じることなく日を過ごすことができます。

「13」という数字にまつわるトリビアと都市伝説

トリビア

  1. リスカイデカフォビア:

    • 13の数字への恐怖を指す言葉で、「トリスカイデカフォビア」と呼ばれます。この恐怖症は、特に西洋文化において広く認識されており、多くのビルが13階を省略するなどの影響が見られます。
  2. 13人のダイナー:

    • 古くからの迷信に、13人で食事をすると不幸が起こるというものがあります。これは最後の晩餐に由来するとされ、イエス・キリストと12人の使徒が合わせて13人であったため、この数に不吉な意味が込められています。
  3. スポーツの世界:

    • いくつかのスポーツでは、13番は縁起の悪い番号とされることがあります。しかし、逆にこの数字をポジティブに受け入れて、挑戦的な精神を示す選手もいます。

都市伝説

  1. アポロ13:

    • アポロ13号は宇宙飛行の際に深刻な事故を経験したことで知られています。打ち上げは1970年4月11日でしたが、東部時間の13日の13時13分に酸素タンクが爆発し、ミッションは中止に追い込まれました。この事件は「13」の数字に新たな不吉なイメージを加えることになりました。
  2. フライデー・ザ・サーティーンス:

    • 「フライデー・ザ・サーティーンス」というホラーフィルムシリーズは、金曜日の13日をテーマにした作品で、この日が不吉であるという文化的な認識を強化しています。これはポップカルチャーにおいて「13」の数字が持つミステリアスで暗い面を象徴しています。

結論

「13」という数字は、歴史的、文化的背景を通じて多くの興味深いトリビアや都市伝説に繋がっています。これらの話は、特定の数字に対する人々の認識や行動にどのように影響を与えるかを示す一例として非常に示唆に富んでいます。

13という数字にまつわる変わった実話

  1. ヴィレムスタットの13の乗客: 1923年、オランダ領アンティルのクラカオ島にあるヴィレムスタット空港で、13人の乗客が乗った飛行機が墜落しました。この事故以降、多くの航空会社は13番目の座席番号を使用しないことが一般的になりました。この事件は、航空業界における「13」の数字の忌避を決定づける出来事となりました。

  2. デルタ航空のフライト1989: 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件当日、デルタ航空1989便は13列目に座っていた乗客の行動が怪しいとされ、誤ってハイジャックされた飛行機と疑われました。実際にはハイジャックはされておらず、大きな誤解が生じた事例ですが、この飛行機にも13番の座席が存在していたため、後に話題となりました。

  3. フィンランドのビルディングコード: フィンランドでは、ある期間建設された多くのビルで、13階が完全に省略されたという事実があります。これは、13という数字が不吉とされるため、設計段階で意図的に避けられた結果です。この風習は現在もいくつかの建物で見られ、地元民にとっては一種の都市伝説として語り継がれています。

  4. イタリアの国道13号線: イタリアでは国道13号線が特に事故が多いことで知られており、「不幸の道」とも呼ばれています。この道路は特に曲がりくねっており、多くのドライバーが運転に苦労することから、13という数字の不吉な評判をさらに強化しています。

これらの話は、「13」という数字にまつわる迷信や文化的な背景がどのように実際の出来事や行動に影響を与えるかを示す例として興味深いものです。数字に対する文化的な見解がどれほど強力な影響を持つかを理解する一助となるでしょう。

迷信と心理学

  • 迷信と心理学に関する書籍:
    • このトピックに興味がある方には、迷信や心理学を掘り下げる書籍をお勧めします。これらの書籍は、迷信がどのように私たちの心理に影響を与えるかを詳しく解説しています。

→ 迷信を解明する書籍を見る

この記事が「金曜日の13日」の迷信に対する理解を深める手助けとなり、もはや不安を感じる必要がないことを認識してもらえたら幸いです。

以上、 参考になれば幸いです。 ありがとうございました。