Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】

「最新の研究から見えてくる驚くべき未来」についてAIに聞いてみた2024


「最新の研究から見えてくる驚くべき未来」

 

この題は個人的に非常に興味のあることですので、今後も随時追っていきたいと思っています。

今回はAI、量子コンピューティング、重力波、エネルギー、食品などについて調べてみました。

 

AI

  • AIは、製造や医療、映像などの分野で、より高度で効率的なサービスを提供することができるようになります。¹² また、生成AIは、テキストや画像だけでなく、動画も作り出すことができるようになります。¹ これにより、新しいアートやエンターテイメントの形が生まれる可能性があります。
  • 量子コンピューティングは、複雑な化学反応や物理現象をシミュレーションすることができるようになります。³ これにより、新薬や新素材の開発が加速される可能性があります。
  • 重力波は、宇宙の起源やブラックホールの性質など、未知の現象を探るための手がかりとなります。³ 重力波の検出は、天文学の新たな時代の幕開けとなるでしょう。
  • エネルギーは、カーボンフットプリントを削減するために、より持続可能でクリーンなものに変わっていきます。² 二酸化炭素除去技術や再生可能エネルギーなど、気候変動に対抗するためのイノベーションが進みます。
  • -食品は、健康や環境に配慮したものに変わっていきます。² 野菜中心で栄養豊富な食事の効用が科学的に解明され、人々の免疫力やレジリエンスを高めます。

これらをより詳しく聞いてみました

 

AI(人工知能は、テキストや画像、音声などのさまざまなデータを処理できるマルチモーダルな生成AIが主流となり、チャットボットやアプリケーションのカスタマイズが容易になると予測されています。また、AIは創薬や金融、最適化問題機械学習などの分野で活用され、社会課題の解決や持続可能な生活に貢献すると期待されています。

 

量子コンピューティング

2023年に量子優位性を達成する可能性が高いと見られており、大規模で高度な量子システムの開発が進められています。量子コンピューティングは、巨大ブラックホールの成長過程やビッグバンの高温・高密度の宇宙のゆらぎなど、従来のコンピューティングでは観測できなかった現象を探究することができると考えられています。

 

重力波

宇宙で起こる重い物体の高速な運動によって生じる空間の伸び縮みの現象で、一般相対性理論によって予言されました。重力波は、2015年にLIGOによって初めて直接観測され、その後も連星中性子星の合体やブラックホールの合体などの重力波源の発見が続いています。重力波は、宇宙の起源やブラックホールの性質など、天文学の新しい分野を開拓する可能性があります。

 

エネルギー

再生可能エネルギーの普及や電気自動車の電源活用、燃料電池や全固体電池の実用化などによって、持続可能で分散型のエネルギーミックスが実現すると見込まれています³⁴。エネルギーは、地政学リスクや気候変動などの課題に対応するために、イノベーションや政策のあり方が求められる分野でもあります。

 

食品

人口減や高齢化、健康志向や倫理意識の高まり、デジタル化や持続可能性などの要因によって、消費構造や生産方法が変化すると予想されています。食品は、代替食品や機能性食品、個人化やトレーサビリティなどの新しい技術やサービスが登場する分野でもあります。

 

一年後にはどこまで到達してるかが楽しみです。

最近は進化が早いですよねー。

 

以上

参考になれば幸いです。