Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

海の謎を解明!なぜ海は青く見えるのか?



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

海の魅力的なブルーの秘密

こんにちは、自然の不思議に魅了される皆さん!今日は、私たちがよく目にする美しい海の青色がどこから来るのか、その科学的な理由を探ってみましょう。海岸で過ごす時、その広大な青さに心奪われることがありますが、その青さがどうして生まれるのか、詳しく見ていきます。この記事を通じて、次に海を訪れる時、もっとその美しさを深く感じることができると思います!

1. 光の散乱が作る色

海の青は、主に水が太陽の光を散乱させることによって生まれます。太陽からの白い光は、多くの色に分かれており、その中でも青い光は波長が短く散乱しやすいのです。このため、海を見るときには空と同様に青く感じるわけです。

2. 水の吸収と深さの影響

水は青い光を反射しやすい一方で、赤や黄色の光はより深く吸収されます。そのため、水が深いほど、反射する光はより青く見えます。浅い水域では、砂や岩の色が透けて見え、緑や茶色がかった色を呈することもあります。

3. 藻類やプランクトンの影響

海の色は、その中に生息する藻類やプランクトンによっても変わります。例えば、特定の地域で藻のブルームが発生すると、水は緑がかった色や赤茶色を帯びることがあります。これらの生物は、海の栄養状態や健康を示す重要な指標となります。

結論:海の色の背後にある科学

海の青さには、ただ美しいだけでなく、多くの科学的な説明があります。この記事を通じて、海がどのようにしてその魅力的な色を作り出しているのかを理解し、自然界のさらなる奥深さを感じ取ることができたことでしょう。海を次に訪れる時は、その色に込められた自然のメッセージを感じてみてください。

以上、 参考になれば幸いです。 ありがとうございました。