Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

腕時計はなぜ左手につける?時計着用の歴史的理由!



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

多くの人がなぜ左手に腕時計をつけるのか疑問に思ったことがあるかもしれません。実は、この習慣には具体的な理由が存在します。この記事では、腕時計を左手につける背景とその進化について探ります。

こちらの記事もぜひ ↓

lifehacker358.com

みなさんは腕時計つける派ですか?
最近はスマホあればいらないって方も多いですよね、私はロレックスのエアキングとアップルウォッチ、修理待ちのオメガのデビル(じいちゃんのかたみ)を持ってます。つけるのはほぼ、ロレックスですね、アップルウォッチも便利なんですけど、私的には着け心地が良くなくて、今日は仕事で通知を気にしないとなって日につけています。
スマホやPCで時間確認できますが、やっぱり腕時計をつけていた方が落ち着きますね。習慣になっちゃってるっていうこともあるかもですが。。
では行ってみましょう!

腕時計の歴史

腕時計はもともと軍用として開発されました。第一次世界大戦中に、兵士たちは時計をポケットから取り出す時間がなかったため、手首に時計を装着することが一般的になりました。これにより、素早く時間を確認できるようになり、戦場での作戦の効率が向上しました。

なぜ左手なのか?

大多数の人が利き手として右手を使用します。利き手である右手で作業をしながらでも、左手首に着けた時計を見ることができれば、作業の妨げにならず、より効率的です。また、時計を左手に着けることで、利き手を使う際の時計への損傷リスクが減少します。

現代の時計の進化

腕時計は時間を教えるだけでなく、ファッションのアクセサリーとしても機能するようになりました。高級ブランドからスポーツモデルまで、多種多様なスタイルが登場しています。

時計のおすすめ

  • スポーツウォッチ: アクティブなライフスタイルに最適で、耐久性と機能性を兼ね備えています。
  • ドレスウォッチ: ビジネスシーンやフォーマルな場にふさわしい、エレガントなデザインが特徴です。
  • スマートウォッチ: 健康管理からスケジュール管理まで、多機能を備えており、日常生活をサポートします。

これらの時計をお探しの方は、以下のリンクからお気に入りを見つけてください。
→ 時計の詳細を見る

結論

腕時計を左手につける習慣には、実用性と歴史が深く関連しています。現代では、この習慣は便利さとスタイルのバランスを提供する方法として、多くの人に受け入れられています。左手で時計を見ることで、日常生活が少しでもスムーズになることを願っています。