Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

短編小説【願いの砂時計】



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

あらすじ紹介: 願いの砂時計

エミリは祖母の遺品整理中に不思議な砂時計を発見する。その砂時計には「時を超える者、願いを叶える力を持つだろう」という謎の言葉が刻まれていた。試しに砂時計を逆さまにした瞬間、エミリは過去にタイムスリップし、自分の人生に新たな可能性を見出す。

この力を使って、エミリは幼なじみのユウトを事故から救うが、その行動が予期せぬ結果をもたらし、二人の関係に亀裂が生じる。この体験を通じて、エミリは砂時計の力がもたらす責任と代償を理解し始める。彼女は新しい友人カヅキと共に砂時計の秘密を探る旅に出るが、やがて砂時計の力を手放すことの重要性を悟る。

自己実現のためのワークショップを開始し、人々に内面の力を引き出す方法を教えながら、エミリは自身の過去の行動が他人にどれほど影響を与えるかを学び、倫理的な観点から技術の適切な使用を推進する。全国を巡る講演会を通じて多くの人々にインスピレーションを与える彼女は、最終的には祖母の家を訪れ、過去の経験から得た教訓を次世代に伝えるための新しい本を執筆する。

『願いの砂時計』は時間を超える力を持つ砂時計と一人の女性の成長を描いた物語であり、個人の行動が未来に与える影響、そして自己実現と責任の大切さについて問いかける。
音声配信でも無料で楽しめます ↓

stand.fm

第一章:遺産

東京の郊外、朝日が差し込む古びたアパートの一室で、エミリは祖母の遺品を整理していた。部屋は祖母の長い人生を物語る宝物で満ちており、古い書籍、手作りの陶器、世界中から集められた装飾品が所狭しと並んでいた。そんな中、一つの古びた砂時計がエミリの目を引いた。その砂時計は細工された木の枠に保護され、表面には古い文字で「時を超える者、願いを叶える力を持つだろう」と刻まれていた。半信半疑のまま、エミリは砂時計を逆さまにした。すると、部屋の空気が震えるような振動を帯び、彼女は目を閉じた。再び目を開けた時、彼女は信じられないことに、10年前の自分が通っていた大学の教室に立っていた。教室の時計の秒針の音が響き渡り、エミリは自分が過去に戻ったことを実感した。この未知の力に驚きながらも、彼女は新しい可能性に胸を躍らせ、何を成し遂げることができるか探求を始めた。

第二章:最初の試み

教室で、経済学の授業が行われていた。以前は取ることを躊躇していたこの授業に参加するエミリ。プロジェクターから映し出されるグラフやチャートに目を奪われながら、彼女は講義に夢中になる。学んだ理論が次々と理解できるたびに、彼女の自信は増していった。授業が終わり、彼女は砂時計を再び逆さにして現代に戻る。そして、その週に控えていた重要な就職面接で、学んだ知識を見事に披露する。面接官はエミリの答えに感銘を受け、彼女に職を提供する。この成功は、砂時計の魔法を信じる決定的な瞬間となり、エミリは未来への無限の可能性を感じ始める。

第三章:ユウトの危機

朝のニュースで、幼なじみのユウトが自転車事故に遭ったと知ったエミリは、慌てて砂時計を逆さまにする。彼女は事故発生数分前に時間を遡り、現場へ急ぎ足で向かう。間一髪でユウトを危険な場所から引き離し、彼の命を救う。しかし、この介入が原因でユウトは重要なバスケットボール試合に出場できず、彼の人生の重要なイベントが変わってしまう。彼は自分の人生がおかしくなった原因をエミリのせいだと感じ、二人の間には大きな亀裂が生じる。エミリは自分の行動がもたらした深刻な影響に気づき、心を痛める。

第四章:葛藤と決断

ユウトとの関係が壊れ、エミリは砂時計の力の重大さと責任を痛感する。彼女は新しい友人カヅキの助けを借りて、砂時計の起源を探る冒険に出る。二人は図書館の隅々を探り、忘れ去られた文献を読み解く。エミリはこの過程で砂時計の力にはバランスと代償が必要であることを学び、過去に介入する際の慎重さを身につける。彼女はユウトに対して誠心誠意を持って謝罪し、かつての友情を取り戻そうと努力する。

第五章:真の力

エミリはユウトと和解し、二人の関係を再構築する中で、自分自身の力で困難に立ち向かうことの大切さを学ぶ。彼女は砂時計の力を手放す決意を固め、それを誰も見つけられないように地中深くに埋める。この行動はエミリに新たな自信と解放感を与え、彼女は過去の経験から得た教訓を活かして、自らの力で前向きな未来を築くことを誓う。

第六章:新たな始まり

エミリの自己実現のためのワークショップは、参加者に内面の力を引き出すテクニックを教えることで、大きな成功を収める。ユウトもしばしば彼女のセミナーを手伝い、彼らの間の絆は以前よりも強固になる。多くの参加者がエミリの教えから大きなインスピレーションを受け、彼女のクラスは人々の生活にポジティブな変化をもたらす。エミリは自分が他人の人生に良い影響を与えられることに喜びを感じ、さらに多くの人々を助けるために努力を続ける。

第七章:カヅキの提案

カヅキが立ち上げたスタートアップ企業からの提案を受けたエミリは、新しいビジネスに興奮と同時に疑念を抱く。時間管理ツールの開発に焦点を当てたこの新しいプロジェクトは大きな可能性を秘めているが、技術が個人の生活に及ぼす影響を慎重に評価する必要がある。エミリは技術の倫理的な使用を推進し、企業の方針に重要な変更を提案する。

第八章:影響の波紋

新しい技術の社会への影響を目の当たりにしたエミリは、その責任を深く感じる。プライバシー問題や技術依存症など、新たな課題が次々と現れる。彼女はこれらの問題に対処するための方策を考案し、社会にポジティブな影響を与えるために奮闘する。彼女の努力は次第に実を結び、多くの人々から支持を得る。

第九章:真実の願い

エミリは全国を巡る講演会を通じて、自分の経験と学んだ教訓を共有する。彼女の話は多くの人々にインスピレーションを与え、彼らも自分の力で夢を追求する勇気を持つようになる。エミリは自己実現の旅を続けながら、多くの人々に影響を与え続ける。

最終章:遺品の意味

数年後、エミリは再び祖母の家を訪れ、砂時計が彼女に与えたすべての教訓を振り返る。彼女は時間の価値と自己実現の重要性についての新しい本を執筆し、多くの人々に影響を与える内容を書き記す。彼女の旅は一つの節目を迎えたが、彼女の教えはこれからも多くの人々の心に響き続けるだろう。

最近は音声で本を読んでいる私! ながら読書ができるので、情報インプット量が格段に上がりました。 Amazonオーディブルなら無料期間があるので、是非試してみてください! → Amazonで詳しくみてみる
こちらの記事も是非 ↓

lifehacker358.com

lifehacker358.com