Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

あなたの声が録音で違って聞こえる理由:科学的解説と聞こえ方の改善方法



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

多くの人が経験するであろうこの現象、「なぜ自分の声が録音されると違って聞こえるのか?」について、その科学的理由と、録音時の声の聞こえ方を改善する方法を掘り下げてみましょう。

録音で声が違って聞こえる科学的理由

  1. 骨伝導と空気伝導: 自分の声が違って聞こえる主な理由は、普段私たちが自分の声を聞くときには、空気を通じて音が耳に達する「空気伝導」だけでなく、頭蓋骨を通じた「骨伝導」も同時に起こっているためです。骨伝導は、低い周波数を強調するため、自分の声がより低く、豊かに聞こえます。

  2. 録音技術の限界: 録音機器は人間の耳とは異なる方法で音を捉え、再生します。多くのマイクロフォンは特定の周波数範囲に感度が高く設計されており、これが自分自身の声の録音が自然な聞こえ方と異なる一因になっています。

録音時の声の聞こえ方を改善する方法

  1. マイクロフォンの選び方: 録音用には、広い周波数応答を持つマイクロフォンを選ぶことが重要です。特に、人の声に適したフラットな周波数応答を持つマイクロフォンを使用することで、より自然な声の録音が可能になります。

  2. 録音環境の最適化: 録音する部屋の音響も大きく影響します。反響が少ない、音がクリアに録れる静かな環境で録音することで、より自然な声の質を捉えることができます。

  3. 後処理の技術: 録音後の音声を編集するソフトウェアを使用して、声のピッチやトーンを微調整することも、より自分らしい声に近づける方法の一つです。

まとめ

録音された声が自分自身で聞く声と異なるのは自然な現象です。しかし、適切な機材選び、環境の整備、そして適切な後処理を行うことで、このギャップを最小限に抑えることが可能です。これらのヒントを活用して、録音での自分の声をより自然に感じることができるようにしましょう。
以上、 参考になれば幸いです。 ありがとうございました。