Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

Amazonのオーディオブック Audible公式ページへのリンク

ご飯を食べた後の"ねむねむ"現象、その理由は?食後の眠気の科学



→Lifehacker358 チャンネルの動画を見る

こんにちは!食後にソファでうとうと…そんな経験、ありませんか?

美味しいランチやディナーの後、急に襲ってくる眠気。オフィスで、学校で、時には大切な会議の最中にも…。なぜ、私たちは食事の後に眠くなるのでしょうか?この「食後の眠気」には、実はとても興味深い科学的な理由があるんです。さあ、一緒にその謎を解き明かしていきましょう!

食後の眠気を引き起こす主な理由

  • 血糖値の急上昇: 食事をすると、体は食べ物をエネルギーに変えるために血糖値を上げます。特に炭水化物を多く含む食事の後は、血糖値が急激に上昇し、その結果として眠気を感じやすくなります。
  • 消化によるエネルギーの分配: 食事後、体は消化にエネルギーを集中させます。これにより、脳や他の活動に使われるエネルギーが一時的に減少し、私たちは眠気を感じるのです。
  • セロトニンメラトニンの影響: 食事、特にトリプトファンを多く含む食品を摂取すると、セロトニンメラトニンの生成が促されます。これらの化学物質は、私たちの睡眠を調節するため、食後にリラックスした状態や眠気を引き起こす原因となります。

食後の眠気を軽減する方法

  • バランスの良い食事を心がける: 炭水化物だけでなく、タンパク質や野菜もバランスよく摂ることで、血糖値の急激な上昇を防ぎます。
  • 小分けに食べる: 大量に一度に食べるのではなく、少量を何回かに分けて食べることで、体への負担を減らし、眠気を軽減できます。
  • 食後の軽い運動: 食後に少し歩くなどの軽い運動をすることで、消化を助け、血糖値の急上昇を抑えることができます。

まとめ

食後の眠気は、私たちの体が食事を消化し、エネルギーを作り出す過程で自然に起こる現象です。しかし、その眠気が日常生活に支障をきたすことがあるなら、上記のような対策を取り入れてみると良いでしょう。健康的な食生活と適度な運動で、食後もスッキリとした時間を過ごしましょう!

以上、 参考になれば幸いです。 ありがとうございました。