Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】stand

意外と簡単!自宅でできる本格的なフレンチトーストの作り方、材料、レシピ

朝食やブランチにぴったりなフレンチトーストは、自宅で簡単に本格的な味を再現できます。この記事では、誰でも簡単に作れるフレンチトーストのレシピをご紹介します。サクッとした外側と、中はふわふわのフレンチトーストで、特別な朝を迎えましょう。

おすすめレシピ

具体的で詳しい材料(2人分)

- 厚切り食パン: 4枚
- 卵: 2個
- 牛乳: 200ml
- 砂糖: 大さじ2
- バニラエッセンス: 小さじ1
- 有塩バター: 適量
- 粉糖: 適量
- メープルシロップ: 適量
- フルーツ(お好みで): 適量

具体的な詳しい作り方

1. **下準備**: 食パンは一口大に切り、卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせた液を作ります。
2. **浸す**: 食パンを卵液に5分ほど浸し、しっかりと卵液を吸わせます。
3. **焼く**: フライパンにバターを溶かし、食パンを両面がきつね色になるまで焼きます。
4. **盛り付け**: 焼き上がったフレンチトーストを皿に盛り、粉糖をふりかけます。お好みでメープルシロップやハチミツ、フルーツを添えて完成です。

レシピコメント

このレシピのポイントは、食パンをしっかりと卵液に浸すこと。これにより、中はふわふわ、外はカリッとした食感のフレンチトーストが完成します。朝食やブランチに、ぜひ試してみてください。

トリビア

フレンチトーストは、フランスでは「パン・ペルデュ」と呼ばれています。これは「失われたパン」という意味で、古くなったパンを美味しく再利用する料理です。

ポイント & アドバイス

- **食パンの選び方**: フレンチトーストには、少し厚めの食パンがおすすめです。サクッとした食感と、ふわふわの中身を楽しめます。
- **卵液の浸透**: 食パンを卵液に浸す時間は、食パンの厚さにもよりますが、少なくとも5分は目安にしましょう。
- **焼き加減**: 中火でじっくりと焼くことが、外はカリッと、中はふわふわの秘訣です。

高級フライパンのお店 PENTA & ruhru のフライパンは扱いやすくオススメです!

まとめ

「意外と簡単、自宅でできる本格的なフレンチトーストの作り方」をご紹介しました。このレシピを試すことで、カフェのような美味しいフレンチトーストを自宅で楽しむことができます。週末のブランチや、特別な朝食に、ぜひこのレシピを試してみてください。

以上

参考になれば幸いです。

ありがとうございました。