Lifehacker Diary ライフハッカー ダイアリー 知恵袋を目指すブログ

元アパレルセレクトショップバイヤー、百貨店営業部、某有名フード系サービスの営業、中田英寿氏のReVALUE NIPPONプロジェクトメンバー、ベンチャー企業での新規事業開発などの経験があります! ライフハック、生活改善情報、料理レシピ、子育て、趣味、これまでの経験談などの経験をここに集約していき、将来子供が大きくなり、何かにつまづいた時などにここを読めば人生の知恵袋になればと思う。また、私の経験でほんの少しかもしれないが、多くの人の役に立つ情報が書ければと思います。知恵袋を目指す【毎日更新中】

週末に挑戦したい!本格イタリアンレシピ10選、材料、作り方


週末は少し時間をかけて、本格的なイタリアン料理に挑戦してみませんか?家庭でも作れる美味しいイタリアンレシピを集めました。これらのレシピは、特別な日のディナーや、大切な人との時間を豊かに彩ります。

※レシピはだいたい2人分です。

1. クラシックなマルゲリータピザ

材料:
- ピザ生地 1枚
- トマトソース 適量
- モッツァレラチーズ 200g(スライス)
- 新鮮なバジル 数枚
- オリーブオイル 少々
- 塩・黒胡椒 適量

作り方:
1. ピザ生地にトマトソースを塗り、モッツァレラチーズを均等に散らします。
2. 250度に予熱したオーブンで10分程度焼きます。
3. 焼き上がりに新鮮なバジルを乗せ、オリーブオイルを少々振りかけます。
4. 塩・黒胡椒で味を調えて完成です。

ポイント:
- シンプルながらも、素材の味を楽しめるクラシックなピザです。モッツァレラチーズの質が味の決め手になります。

2. ポルチーニ茸のリゾット

材料:
- アルボリオ米 200g
- ポルチーニ茸 30g(乾燥)
- 玉ねぎ 1個(みじん切り)
- 白ワイン 100ml
- チキンブロス 600ml
- パルメザンチーズ 適量(すりおろし)
- バター 50g
- オリーブオイル 大さじ1
- 塩・黒胡椒 適量

作り方:
1. ポルチーニ茸を水で戻し、細かく切ります。
2. 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒めます。
3. アルボリオ米を加え、透明になるまで炒めた後、白ワインを加えます。
4. ワインが吸収されたら、少しずつチキンブロスを加えながら炊きます。
5. ポルチーニ茸を加え、米が柔らかくなるまで炊き続けます。
6. 火から下ろし、バターとパルメザンチーズを加えて混ぜます。
7. 塩・黒胡椒で味を調えて完成です。

ポイント:
- ポルチーニ茸の濃厚な香りと味わいが特徴のリゾットです。じっくり時間をかけて米を炊くことが美味しさの秘訣です。

3. タリアテッレ アル ラグー

材料:
- タリアテッレ 300g
- 牛挽肉 200g
- 玉ねぎ 1個(みじん切り)
- セロリ 1本(みじん切り)
- にんじん 1本(みじん切り)
- トマト缶 1缶
- 赤ワイン 100ml
- オリーブオイル 大さじ2
- 塩・黒胡椒 適量
- パルメザンチーズ 適量(すりおろし)

作り方:
1. 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎ、セロリ、にんじんを炒めます。
2. 牛挽肉を加え、色が変わるまで炒めます。
3. 赤ワインを加え、アルコールを飛ばした後、トマト缶を加えます。
4. 弱火で2時間程煮込み、塩・黒胡椒で味を調えます。
5. 茹でたタリアテッレとソースを和え、パルメザンチーズを振りかけて完成です。

ポイント:
- 長時間煮込むことで、肉の旨味とトマトの酸味が絶妙にマッチした濃厚なラグーソースが完成します。

4. シーフードのフリットミスト

材料:
- エビ 200g
- イカ 200g
- 小麦粉 適量
- 塩・黒胡椒 適量
- レモン 数切れ
- 揚げ油 適量

作り方:
1. エビとイカは適当な大きさに切り、塩・黒胡椒で下味をつけます。
2. 小麦粉をまぶし、180度に熱した油でカリッとするまで揚げます。
3. 揚げたシーフードにレモンを添えて完成です。

ポイント:
- シンプルながらも、シーフードの旨味を堪能できる一品です。ビールやワインのおつまみにもぴったり。

5. ブルスケッタ

材料:
- バゲット 1本
- トマト 3個(角切り)
- バジル 数枚(ちぎる)
- ニンニク 1片(スライス)
- オリーブオイル 適量
- 塩・黒胡椒 適量

作り方:
1. バゲットを薄切りにし、トースターまたはオーブンでカリッと焼きます。
2. 焼いたバゲットの上にスライスしたニンニクを擦りつけます。
3. トマト、バジルを乗せ、オリーブオイルをかけます。
4. 塩・黒胡椒で味を調えて完成です。

ポイント:
- トマトの酸味とバジルの香りが爽やかなイタリアンの定番前菜です。手軽に作れて、パーティーのおつまみにも最適。

6. オッソブーコ

材料:
- 牛すね肉(骨付き)4枚
- オリーブオイル 大さじ2
- 玉ねぎ 1個(みじん切り)
- にんじん 2本(みじん切り)
- セロリ 2本(みじん切り)
- 白ワイン 200ml
- トマト缶 400g
- チキンブロス 500ml
- 塩・黒胡椒 適量
- ローリエ 2枚

作り方:
1. 牛すね肉に塩・黒胡椒をして、オリーブオイルを熱した鍋で両面を焼きます。
2. 肉を取り出し、同じ鍋で玉ねぎ、にんじん、セロリを炒めます。
3. 野菜が柔らかくなったら、白ワインを加えてアルコールを飛ばします。
4. トマト缶、チキンブロス、ローリエ、肉を鍋に戻し、2時間ほど煮込みます。
5. 肉が柔らかくなったら完成です。

ポイント:
- オッソブーコはイタリアの伝統的な煮込み料理です。じっくり時間をかけて煮込むことで、肉から出るゼラチン質がソースをとろみづけ、深い味わいになります。

7. ペスカトーレ

材料:
- スパゲッティ 200g
- 海老 4尾
- あさり 200g
- イカ 100g(輪切り)
- トマトソース 200ml
- 白ワイン 100ml
- オリーブオイル 大さじ2
- にんにく 2片(みじん切り)
- 塩・黒胡椒 適量
- パセリ 適量(みじん切り)

作り方:
1. 海老とあさりは塩水で洗い、イカは輪切りにします。
2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、海老、イカを炒めます。
3. 海老が色づいたら、あさり、白ワインを加え、蓋をして蒸し焼きにします。
4. あさりが開いたら、トマトソースを加え、塩・黒胡椒で味を調えます。
5. 茹でたスパゲッティをソースと和え、パセリを散らして完成です。

ポイント:
- ペスカトーレは海の幸をふんだんに使ったパスタです。新鮮な魚介の旨味がソースに溶け込み、豊かな風味を楽しめます。

8. パンナコッタ

材料:
- 生クリーム 500ml
- 砂糖 100g
- ゼラチン 5g
- 水 50ml(ゼラチン用)
- バニラエッセンス 少々

作り方:
1. ゼラチンは水でふやかします。
2. 鍋に生クリームと砂糖を入れ、温めながら砂糖を溶かします。
3. バニラエッセンスを加え、火から下ろしてふやかしたゼラチンを溶かし込みます。
4. 型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

ポイント:
- シンプルながらも滑らかでクリーミーな味わいが魅力のイタリアンデザートです。トッピングにフルーツやソースを加えると、さらに美味しくなります。

9. フォカッチャ

材料:
- 強力粉 500g
- ドライイースト 5g
- 温水 300ml
- オリーブオイル 大さじ4
- 塩 大さじ1
- ローズマリー 適量
- 海塩 適量

作り方:
1. 強力粉とドライイーストを混ぜ、温水を少しずつ加えながら捏ねます。
2. 生地がまとまったら、オリーブオイルと塩を加えてさらに捏ねます。
3. 生地をボウルに入れ、1時間ほど発酵させます。
4. 発酵した生地をオーブンシートにのせ、指で押し込みながら形を整えます。
5. 表面にオリーブオイルを塗り、ローズマリーと海塩を振ります。
6. 200度に予熱したオーブンで20分ほど焼きます。

ポイント:
-外はカリッと中はもっちりした食感が楽しめるフォカッチャです。オリーブオイルと海塩のシンプルな味わいが魅力です。

10. ビステッカフィオレンティーナ

材料:
- Tボーンステーキ 1枚(約600g)
- オリーブオイル 適量
- 塩・黒胡椒 適量
- ローズマリー 数枝

作り方:
1. ステーキは室温に戻し、両面に塩・黒胡椒を振ります。
2. グリルパンを熱し、ステーキの両面を強火で焼きます。
3. 焼き上がったら、オリーブオイルをかけ、ローズマリーを添えて完成です。

ポイント:
- ビステッカフィオレンティーナは、フィレンツェ地方の伝統的なステーキ料理です。肉の質と焼き加減が重要で、ジューシーで香ばしい味わいが楽しめます。

これらのレシピは、週末の時間を利用して本格的なイタリアンに挑戦するのにぴったりです。次に、トリビア、ポイント、アドバイスをご紹介します。

トリビア

- イタリア料理には、地域ごとに独自の伝統と文化があります。たとえば、北部ではバターやクリームを使った料理が多く、南部ではオリーブオイルやトマトを使った料理が一般的です。

ポイント

- 本格イタリアンは、シンプルな材料から深い味わいを引き出す技術にあります。素材の質を大切にし、調理法を工夫することが重要です。

アドバイス

- 週末の料理は、日々の忙しさを忘れて楽しむ特別な時間にしましょう。料理を通じて、イタリアの文化や伝統に触れることができます。

まとめ

週末に時間をかけて作る本格イタリアンは、特別な日の食卓を豊かに彩ります。これらのレシピを参考に、イタリア料理の奥深い世界を堪能してください。

以上

参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

こちらの記事も是非↓

 

lifehacker358.com

lifehacker358.com

lifehacker358.com

lifehacker358.com

lifehacker358.com